くりの旧ブログです。更新は停止しています。


by sk-4seasons
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『くり』からのご挨拶。

こんにちは!
ブログ『笑う門』管理人の くり と申します。
大好きな劇団四季の話題を中心に、野球、フィギュアスケート、落語、スイーツ、旅etc...などなど好きなものだらけでやってます。
コメント大歓迎です♪
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by sk-4seasons | 2012-12-31 23:59 | 雑記

ランチ@芝公園

a0065262_13313761.jpg

a0065262_1331378.jpg

a0065262_13313735.jpg

最近、観劇前のランチはバタバタと駅カフェやチェーンのコーヒーショップで済ませることが多かったのですが、
(身支度がトロくてついギリギリになっちゃうのです)
今日はちょっと張り切って出掛けてきました芝公園!
ベルギー発のベーカリーカフェ『ル・パン・コティディアン』です!
実は元旦観劇後に友人と待ち合わせて増上寺に初詣した帰りに寄ろうとしたのだけど、短縮営業&品切れで断念したのでした。
その後、某口コミサイト(笑)なんかで見て、やっぱり行きたい!と思っていたのでした。

店内はほとんどが木の温かみある内装。
入ってすぐがショップで、奥がカフェスペースでした。
窓からは東京タワーが間近に!
庭園の緑も見えて、落ち着く空間です。
タルティーヌとスープのセットなどランチメニューもありましたが、初訪問はやっぱりちゃんとパンを食べたいと思って、パンバスケットS(680円)を。
それからサラダ付きのキッシュロレーヌ(1180円だったかな)をオーダーしました。
はい、お高めです、正直。なのでドリンクは頼みませんでしたよ。
都心&外資系価格ですよ(苦笑)。
けど、それでも納得の美味しいパンでした!
バスケットに盛られたのはバゲット、全粒粉のパン、古代小麦のパン、クルミのパン、五穀のパン、クランベリーとヘーゼルナッツのパン。
それに、お皿にバターと黒オリーブのペースト、そして瓶ごとのストロベリージャム、オレンジママレード、チョコレートスプレッド!
ああ〜もう最高でした。
ベルギーのお店だけに、チョコスプレッドめちゃウマでしたよ。
パンはどれも噛みごたえと味のあるハード系。
ハード系パン好きにはたまりません!(逆に言うと、フカフカ白いパン好きの方にはオススメ出来ません。笑)
キッシュロレーヌもけっこうボリュームあって、美味しかったですよ〜。
お土産にジャムとか買いたかったんですが重いので断念。
パンバスケットLのお持ち帰り用があったのでそちらにしました。
ハード系パンだから結局重いじゃん(笑)。
ともあれ、劇場から距離はありますが歩けない距離ではぜんぜんないので、また行きたい!
今度はタルティーヌ食べてみます。
[PR]
# by sk-4seasons | 2012-02-17 13:31

年の瀬のごあいさつ。

毎年恒例、早朝からのおせち詰めを終えて2011年の仕事納めです。

今年もいよいよあと10時間ほど。
まあ、締めくくりだというのに大掃除もしてなければ年賀状もまだ…(でも出します)。
クリスマスから年末までずっと忙しかったですからね、仕方ない仕方ない(自分で言うな)。

今年も四季の舞台をあれこれ観たり(でも少し本数減ったかな。数えてないけど)、
フィギュアスケートの生観戦(アイスショーだけど)もしたし、
落語会も行ったし(吉朝追善会@大阪、良かったです)、
旅もしたし(観劇遠征以外にも、九州とか18きっぷで長野&山梨とか)、
スイーツもたくさん食べたし(優柔不断&忘れっぽいのでベストは選べません…)、
そんな感じで、趣味に邁進した一年でありました。
来年は、ちょっと新しいことを始めてみようかな、始めてみたいな、と考えています。
まだ、実現するかわかりませんが。

世の中的には本当にいろいろな出来事があった一年でした。
2012年はとにかく、一人でも多くの人が少しでも笑顔になれる年になるといいなと願ってやみません。

ブログをご訪問くださった皆様、お友達の皆さん、今年も一年ありがとうございました。
忘れた頃に更新する状態になってしまっていますが、とりあえず休止はしないつもりですので(というか、もう少しちゃんと更新したいとは思ってますので)、
これからも私とこのブログをどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、よいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-12-31 13:59

師走の天体ショー。

a0065262_7104252.jpg

a0065262_7104260.jpg

a0065262_7104257.jpg

a0065262_7104226.jpg

a0065262_7104334.jpg

12月10日から11日へと日付が換わる頃、皆既月食が夜空を彩りました!
ちょうど仕事から帰る頃に欠け始め、自宅に着いてからが真っ最中だったので、その間、出たり入ったりしながら鑑賞してみました。写真は順に、欠け始め→半分位→あとわずか→皆既中→皆既もうすぐ終了、となっています。
携帯カメラですけど、何となく分かる位には撮れるものですね。
寒かったけど、赤黒く輝く月は妖しく幻想的で、不思議な眺めでした。
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-12-11 07:10
a0065262_723593.jpg

a0065262_724031.jpg

終演後、名古屋近郊在住の友人と待ち合わせてお茶しました。
3月に誕生したお子ちゃまと一緒に来てくれまして、
夏に会っていたのですが、その時は赤ちゃんって感じだったのが、乳児という感じというか…とにかく成長してるなあと感じてびっくりしました。
わざわざ来てくれてありがとうね〜!

そしてそのあとはこだまにて帰路に。
車内では夕飯に、デパ地下で購入したミニひつまぶしと天むす。
名古屋を最後まで満喫しました♪←いや食べ物でしか満喫してないし!

ちなみに二枚目の写真は翌日家で撮ったル・ルーの焼き菓子。
紅玉のタルト、ピーカンナッツとクルミのタルト、ほうれん草とベーコン、きのこのキッシュ、白ゴマのスコーンです(順不同)。
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-11-24 07:24
レポがすっかり遅れてしまいましたが…
大阪公演以来の久しぶりのウィキッドを観てきました!
久々にみた開演前の舞台セットに、あれ?こんなに小さかったっけ?と思ってしまいました。
でも実際始まってみるとそんな風には思わないんですけどね、不思議なものです。

そんな久々のウィキッド、やっぱりパワーのある作品だなぁとひしひしと感じました。
何となくエルファバに感情移入して観ていたので、
一幕ラストでは、自分の信じていた世界に裏切られた悲しみ、憤り、そしてそれならば自分がその世界を作ってやる!みたいな決意を感じ、
二幕ではほんの少しボタンをかけ違えたためにその夢が崩壊してゆく虚しさや無力感、そして見つけた最善策への夢を感じました。
正しくても、それを押しつけてはうまくいかないんですよねぇ。

キャストについて感じたことをば。

江畑エルファバは、もうすっかりお馴染みと思っていましたが、前半のシズ大学シーンは何となく以前の印象と違う演じ方だなと思いました。
うまく言えないんだけど…
あと、前半、なんだか声が聴こえにくいというか、ひとりだけ詰まったように聴こえて、江畑さんと言えば声量もあるしパワフルなイメージだったので、あれ?と。
一幕後半からは気にならなくなったんですけどね。
まあ、ソロナンバーはどれも迫力あってよかったし、満足なんですが…
ひとつ気になってしまったのは、ちょっと、要ウェイトコントロールかな?と。
前の方の席で見上げる感じだったから余計なのかもしれないけど、アゴがちょっと…
袖無しワンピースの衣装は二の腕がちょっと…
他人のこと言えた義理じゃないんですが、舞台の方ってみんなスタイルがいいだけに、ちょっと目立っちゃいますね。

山本エルファバは初見でした。
ネッサでの好演はお馴染みですが、声楽系じゃないと記憶していたので、未知数だなぁと思っていました。
で、実際、予想以上に音程も声量もバッチリ歌えていて、おおっ!と思いました。
まあ、トップのところは必死顔っぽくなってましたが、それは仕方ないかな、と。
で、演技の方はといいますと…
確かに、かなり豪快にコミカルな演技をされてて、面白いけど、若干上っ滑りっぽく感じるところも。
というのは、おバカっぽくないんですよね〜。初めから頭良さそうなんです。
育ちのいいお嬢さんな感じはあるんですが。
そこがグリンダ役のキモであると同時に、難しいところなんでしょうけど。
その分、初めと終わりの、本当の意味での良い魔女としてのシーンは凛としていて、また二幕最初のソロナンバー(題名度忘れ…)は、揺れる気持ちとそれを振り払うような感じが伝わってきて、良かったです。

北澤フィエロは相変わらず、いやいやますますもってかっこよくて素敵で男前でした〜。
以前のイメージより男っぽい感じが全面に出つつ、でも気障なところも全開で。
あと歌も絶好調!って感じで声出まくってました。
そりゃ女子高生も落ちるよね(笑)。

小笠ネッサも初見でした。
今までネッサって高い声の方が多かったので、若干低めでパワフルな小笠さんは新鮮。
二幕のエルファバと再開するシーンは鬼気迫る感じですごく痛々しくて良かったです。

ホントに久しぶりなので、アンサンブル(とくに女性)はほとんど誰が誰だか?状態で、過去のキャストと照らし合わせてどれが誰?と確認してしまいました。
とはいえ、皆さんダンスが見事で『Dancing 〜』は見応えありました!
あと、ウィキッドアンサと言えば成田さん!
制服姿もダンスパーティーもリボンのダンスも素敵でした!

譲っていただいたチケットが思いがけない良席だったこともあって、久しぶりのウィキッドを満喫しました!
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-11-24 07:15
a0065262_1991338.jpg

なんて書いてますが、実はメジャーどころは一通りいただいたので、しばらく名古屋メシらしいものは食べてませんでした。
でも今日は、桜山駅のすぐ近くに味噌煮込みの山本屋本店のお店があったので、久々にいただくことにしました♪

劇場に向かうタイムリミットもあるなか、猫舌の私にはなかなか厳しいミッションになるかと思われましたが(いや自分で行ったんだし)、すぐに座れてすぐに出てきたので余裕でした。
名古屋人のソウルフードたる味噌煮込みうどん、熱々ほかほかで美味しかった!
初めて食べる人は仰天するというねっちり固ゆでのうどんも、私は大好きなので♪(だいたいが麺類もご飯も固めが好き)
残ったつゆにご飯も入れて美味しくいただきました!

ところで、名古屋の味噌煮込みうどんといえば山本屋本店と山本屋総本店が覇権を競っている?ようですが、実際のとこ地元民の皆様的にはどうなんですかね?
観光客たるワタクシ的には、正直どっちでもいい(構わない)感じなんですが。
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-11-18 19:09
a0065262_1226156.jpg

二日目です。
今日もう京都とはお別れで、名古屋に向かいます。
予定の地下鉄にはギリギリでした。身支度してるときは余裕があったはずなのに、おかしいなぁ。
京都で案内板を見ると、普段新快速が出るのとは違う(と、思う)ゼロ番線との表示で思わず何回も見直してしまいました。
おまけにゼロ番線ホームにはなんの表示もないし。
(サンダーバードって、北陸に行く訳じゃないのよ〜!)
まあ結果的にはもちろんちゃんと新快速が来たんですが、そもそも考えてみたら『ゼロ番線』自体がちょっと不思議な存在ですよね〜。

ともあれ、米原で乗り換えてのんびり名古屋へ。
ワタクシ的には関西〜名古屋は普通電車が普通になってますね。

で、名駅からは地下鉄桜通線に乗り換えて、桜山へ。
名古屋で今人気の焼き菓子屋さん『ル・ルー』に向かいます。
駅から地図と住所を頼りに少し歩きますと、お店より先に行列が目に入って発見。噂に違わぬ人気ぶりです。
お店はスイーツショップとは思えない、製造直売店舗という雰囲気の店構え。
でもいい匂い〜!
行列といっても私が6人目でしたが、5人ごとの入店なので微妙な出遅れ感(苦笑)。
なにしろ人気店でみんなドカンと買われるので、一回転目でなくなってしまう品もあるとかないとか…
ドキドキしながら順番待ちです。
そして数分後…店内に通されました!
並んでいるのはキッシュ二種類とタルト5種類、スコーン一種類と多数の焼き菓子…目移りしながらいろいろ買っちゃいました〜。
いただくのが楽しみです♪
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-11-18 12:26
a0065262_11394527.jpg

a0065262_11394517.jpg

さて、ホテルに帰ってきても楽しみが待ってました。
昼間立ち寄ったもう一軒、烏丸御池駅近くのグラン・ヴァニーユでケーキをテイクアウトしておいたのです♪

右がポランジュ。オレンジとプラリネムースのケーキです。
甘酸っぱいオレンジと香ばしいプラリネの組み合わせ、好きです!
ショコラ生地にナッツが入っていて、なめらかなムースの中でいいアクセントになっています。

左がメッカー。ショコラマカロンの帽子をかぶった、フランボワムースとピスタチオムースのケーキ。
これまた美味しかった!
時間が立ってもサクサクのマカロンと、口どけいいムースの食感がたまらない!
ショコラ×フランボワ×ピスタチオの組み合わせは色も綺麗だし濃厚さと爽やかさのバランスが素晴らしい!
食べかけで申し訳ないですが、断面が綺麗だったので載せちゃいました。

まだまだ食べてみたいケーキがたくさん…グラン・ヴァニーユ、京都旅行のマストになりつつあります。

一日目はこれでおしまい!
ふかふかお布団でおやすみなさい!
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-11-18 11:39
a0065262_11235283.jpg

a0065262_11235253.jpg

本日のメインイベントは、長岡京記念文化会館での米朝一門会でした!

吉弥さん中心に見ている私は、最近は日程が合うのが吉弥さん三三さんの会ばかりだったので、久々に色んなカラーの落語家さんを見た感じ。
米朝師匠のひ孫弟子にあたる小鯛さんのテンポのいい時うどん。
吉弥さんの、広く知られるようになったきっかけでもあるちりとてちん(さすが、やっぱり面白かった〜!)。
米左さんの豊竹屋は最後の義太夫と口三味線の掛け合いが可笑しい!
南光さんの営業活動のあとの(笑)佐野山は初めて聴く人情味ある噺。
雀々さんの自虐?も交えためちゃくちゃ賑やかなさくらんぼ(題名、頭山だと思ってました)。枕のなぞなぞおじさんも可笑しかった!
トリはさこばさん、味のある一文笛も初めて聴きました。人情味あふれる噺なのに、サゲかそれかい!って可笑しかった!

というわけで、若手から中堅、壮年、大ベテランまでたっぷり楽しめました!
これで前の席のジジババの携帯ピロピロが無ければなぁ…
ホント、お願いしますよ。
[PR]
# by sk-4seasons | 2011-11-18 11:23